紫外線散乱剤(ノンケミカル)日焼け止めのおすすめを厳選しました【使って評価!】

肌のために日焼け止めは必須。

でも、日焼け止めのせいで、肌がヒリヒリ荒れちゃうことってないでしょうか?

肌荒れの原因「紫外線吸収剤」を使っていない日焼け止めといえば、吸収剤の代わりに紫外線散乱剤を使った日焼け止めがあります。

紫外線吸収剤不使用=ノンケミカル日焼け止めとも呼ばれています。

リピート中!おすすめの紫外線散乱剤(ノンケミカル)日焼け止め
紫外線散乱剤UV 内容 機能詳細
①HANAオーガニック
  • SPF30、PA++
  • 天然100%
  • 顔用/化粧下地機能あり
  • 光の反射で肌ツヤがでる

hana,ノンケミカル,日焼け止め
詳しくみる>>

②ヴァントルテ
  • SPF50+、PA++++
  • 自然素材100%
  • 顔用、身体用/下地機能なし
  • 猛暑で汗ダラダラの日でも使える
ヴァントルテ、ノンケミカル,日焼け止め
詳しくみる>>
③POLAホワイティシモ
  • SPF30、PA+++
  • 顔・身体用
  • 顔用、身体用/下地機能なし
  • 白浮きせず塗り直しが楽
pola,ノンケミカル,日焼け止め
詳しくみる>>
すずらん
肌が弱い人、美肌にこだわりたい人に人気が高いのが、紫外線散乱剤を使ったノンケミカル日焼け止め。

私も真夏の長時間外出以外は、ほぼ紫外線散乱剤入り日焼け止めを使っています

ところで、

紫外線散乱剤(ノンケミカル)=全て安全、という事ではない

と、ご存じでしょうか?

紫外線散乱剤入り日焼け止めは、一般的な紫外線吸収剤入り日焼け止めと比べると、肌への刺激が少なくなります。

しかし、紫外線散乱剤入り日焼け止めの中には、選ばない方が良いものもあります。


せっかく肌に優しい日焼け止めを使うなら、お肌に悪い影響を与えたくないですよね。

紫外線散乱剤入り(ノンケミカル)日焼け止めの選び方のコツも覚えましょう!

紫外線散乱剤入り日焼け止めのメリットとデメリット

紫外線散乱剤入り日焼け止めのメリット

紫外線散乱剤,日焼け止め,メリット

  • 肌への負担が軽い
  • 化学反応をしないため、日焼け止め効果が長続きする
  • UV-AもUV-Bもどちらの紫外線もカットしやすい

紫外線散乱剤の仕組みは、紫外線を肌に吸収させず、跳ね返すというもの。

紫外線吸収剤のように、肌の上で化学変化を起こさないので、肌負担が少なくすみます。

紫外線散乱剤入りの日焼け止めは、紫外線吸収剤のものよりも日焼け止め効果が長続きするといわれています。

しかし、散乱剤入り日焼け止めは汗で流れやすいため、吸収剤入り同様、塗り直しは必要です。

シミだけでなく、シワも気になるエイジングケア世代にとって嬉しいのは、UV-B波だけでなく、UV-A波も紫外線散乱剤入り日焼け止めはカットできる点。

UV-A波は波長が長いため、肌の奥まで届き真皮を傷つけ、コラーゲンやエラスチンを破壊し、しわ、たるみの原因になるものです。このUV-A波を防御できるのは、肌老化を食い止めたい私にとっても、とても嬉しい点です

紫外線散乱剤入り日焼け止めのデメリット

紫外線散乱剤,日焼け止め,デメリット

  • 白くなりやすい
  • ベタつきがある
  • 使用感、伸びなどが良くない
  • 肌が乾燥しやすい
  • 汗に弱く、落ちやすい

以上のように、紫外線散乱剤入りノンケミカル日焼け止めにもデメリットはいくつかあります。

ただし、今は、デメリットをカバーした紫外線散乱剤入り日焼け止めが増えてきました。

ノンケミカル,日焼け止め

すずらん
ノンケミカル日焼け止めのデメリットで多いのは、使用感に関するもの。

しかし、最近は使用感がよい、紫外線散乱剤入り日焼け止めも増えています。


乾燥肌の私が使っても、肌が乾かない紫外線散乱剤入り日焼け止めを選べるので助かっています。

ノンケミカルの紫外線散乱剤日焼け止めの方が、吸収剤入りのものより肌に優しい、とよく言われます。

しかし実際は、紫外線吸収剤入りの日焼け止めでも、以前と比べて肌に優しいものが増えてきました。状況に応じて使い分けると良いですね。

《その商品は安全?》紫外線散乱剤入り日焼け止めの選び方

ヴァントルテ ノンケミカル日焼け止め

ノンケミカル(紫外線散乱剤入り)=安心か?といわれると、100%そうではない、とご存じでしょうか?

せっかく肌に優しい日焼け止めを探しているのなら、安全性にこだわりたいですよね。

紫外線散乱剤の日焼け止めを選ぶ際は、次を参考にしてみてください!

ノンナノ日焼け止め

紫外線散乱剤がコーティング済のもの選ぶ

紫外線散乱剤の仕組みは、粒子が光を反射して紫外線を跳ね返すというもの。

この時、酸化チタン・酸化亜鉛といった原料が使われます。

紫外線吸収剤と違って、肌に紫外線を吸収しないので負担が少ないのですが、酸化チタンも酸化亜鉛も紫外線にあたると活性酸素を発生させる事があります。活性酸素=身体のサビをもたらし、紫外線散乱剤入りの日焼け止めで、シワやシミの原因になるんですね。

解決方法は、紫外線散乱剤をコーティングしてある日焼け止めを使うこと!

メーカーによっては、紫外線散乱剤コーティング済みと表示している所もあります。肌老化を加速させないためにも選ぶ際の参考にしましょう。

ナノ粒子が不使用(ノンナノ)か、気になる人は確認を※

散乱剤入りの日焼け止めの欠点に、「顔が白っぽくなる」というものがあります。

この欠点を補う際に、散乱剤をナノサイズにすることがあります。粒子が細かくなるため、白浮きしにくくなり、見た目が綺麗になるんですね。

確かに見た目には綺麗ですが、ナノ化で成分が細かくなるので、お肌のバリアを通過するのではないか?と懸念する声もあります。

そのため今では、ナノ粒子不使用、ノンナノ日焼け止めを探す方も増えています。

※ただし実験では、日焼け止めのナノ粒子は肌バリアを通過しないと出ている

実際のところ、日焼け止めに製品化されるとナノ粒子は結合して肌バリアを通過しないので、ナノ粒子使用でも問題ないという実験結果が出ています。 (ポーラに直接確認済み。)

私自身も、ノンナノかどうかは、そこまで気にしていないポイントですが、安全性にこだわりたい人も多いため、ナノ粒子不使用(ノンナノ)タイプの日焼け止めもピックアップしました。

おすすめの紫外線散乱剤(ノンケミカル)日焼け止め5つ

日常的に使いやすいSPF30
紫外線が強くなる5月以降でも使いやすいSPF50+

以上のノンケミカル紫外線散乱剤入り日焼け止めをご紹介しますね。

最初の2つは、自然素材にこだわった日焼け止めで、お肌にやさしいものを探している方におすすめです!

①HANAオーガニック ウェアルーUVベース

HANAオーガニックUV 下地

SPF30、PA++
顔(化粧下地)

テクスチャー 潤いがあり、さらりとして使いやすい
肌が乾かない? 乾燥肌の私でも肌が乾かない
白浮きしない? しない
圧迫感はない? なし
紫外線吸収剤不使用 不使用
紫外線散乱剤使用 使用(酸化チタン、酸化亜鉛)
コーティング済み 紫外線散乱剤コーティング済
ナノ粒子不使用 不使用
ウォータープルーフ 非対応
専用クレンジング不要 不要

天然100%、オーガニック日焼け止め入りスキンケアセット

100%天然、オーガニックの国産日焼け止め。ケミカルなものはとにかく使いたくない、という方におすすめです。

ブルーライト、PM2.5対応となかなかの高機能で、個人的には一番使用頻度が多いノンケミカルUV下地です。

顔に塗ると光の反射によりツヤもでるので、機能に加えて仕上がりが美しいのがお気に入り

紫外線散乱剤(ノンケミカル)日焼け止めのおすすめ【使って評価!】

写真の上がピンクベージュ、下がイエローベージュ。

私は肌の色がイエローがかっているので、ベースにはイエローベージュを使っていますが、目元周りにはピンクベージュを使い、ハイライト効果で明るくみせています。

(使い分け)
イエローベージュ→カバー力を求めたい時に
ピンクベージュ→透明感を出したい時に

紫外線散乱剤(ノンケミカル)日焼け止めのおすすめ【使って評価!】

HANAオーガニックウェアルーUVベースの上にミネラルチークをのせた状態。

HANAオーガニックウェアルーUVベースだけで肌が綺麗になるので、ファンデーションやパウダーを使わないことがほとんどです。

こんな感じで使っています
  • 1年を通して、普段使い&おでかけ
  • ただし5月中旬~9月中旬の日差しの強い日中は、別の日焼け止め

HANAウェアルーUVベースの2色使いで綺麗な肌作り!
私の使い方はこちら>>

ゼラニウムやラベンダーなどハーブの香りも素敵で、使うたびに癒される日焼け止めですよ

オーガニックウェアルーUVベース入りスキンケアトライアルセット

②ヴァントルテ(VINTORTE) ミネラルUVクリーム

ヴァントルテ,日焼け止め,ノンケミカル

SPF50+、PA++++
顔用、身体用

テクスチャー 潤いがあり、使いやすい
肌が乾かない? 乾燥肌の私でも肌が乾かない
白浮きしない? しない
圧迫感はない? なし
紫外線吸収剤不使用 不使用
紫外線散乱剤使用 使用(酸化チタン、酸化亜鉛)
コーティング済み 紫外線散乱剤コーティング済
ナノ粒子不使用 不使用
ウォータープルーフ 非対応。ただし汗に崩れにくい。
専用クレンジング不要 不要

自然素材100%/ノンケミカルなのにSPF50+

紫外線吸収剤を使わないのに、SPF、PA両方とも最高数値の日焼け止めです。普通、ここまで数値が高いと圧迫感や刺激を感じる事があるのですが、低刺激でつけ心地も軽く使いやすいです。

下地効果はないですが、つけた後の顔にツヤがでます

紫外線散乱剤(ノンケミカル)日焼け止めのおすすめ【使って評価!】

ウォータープルーフにはなっていません。しかし汗をかく前提で作られているので、崩れにくいです。

ビタミンC誘導体も入っているので、日焼け止めと当時に美白ケアも同時に可能!塗った直後はこってり感がありますが、肌になじんだ後は、べたべたしないので使いやすいです。

ミネラルUVファンデーションまたは、ミネラルUVパウダーと一緒に使えば、さらに日焼け止め効果が高くなります。

UVファンデーションは、肌の色が暗め~標準色に。UVパウダーは色白肌におすすめです。(黄味がかったオークル肌よりの私はUVファンデーションを選んで、 ミネラルUVクリームと併用しています。)

こんな感じで使っています
  • 5月中旬~9月中旬→日常使い&長時間の外出に

ノンケミカルなのにSPF最高値!使った感想はこちら>>

きしみがなく使いやすいです♪

③ホワイティシモ UVブロック ミルキーフルイド【POLA】

pola,日焼け止め,ノンケミカル

SPF30、PA+++
顔・身体用

テクスチャー 潤いがあり、さらりとして使いやすい
肌が乾かない? 乾燥肌の私でも肌が乾かない
白浮きしない? しない
圧迫感はない? なし
紫外線吸収剤不使用 不使用
紫外線散乱剤使用 使用(酸化チタン)
コーティング済み 紫外線散乱剤コーティング済
ナノ粒子不使用 ナノ粒子の酸化チタンを使用。ただし肌バリアは通過しない、と確認済み
ウォータープルーフ 完全ではないが、水をはじき耐水性ある(ウォーターレジスタンス対応)
専用クレンジング不要 不要

のびが良く非常に使いやすい日焼け止めです。軽いテクスチャーながら汗には強く、少し汗ばむ程度であれば流れ落ちません。

白浮きもせず肌によくなじむので、この日焼け止め1本の後はメイクなしでも過ごせ、塗り直しが楽

こんな感じで使っています
  • 3月~5月初旬→普段使い&外出の多い日
  • 5月中旬~9月中旬→普段使い。数時間置きに塗り直しています。

小学生の娘も愛用!
UVブロック ミルキーフルイドの口コミ>>

日常使いしやすい日焼け止め

④Terracuore(テラクオーレ) UV プロテクト

SPF37、PA+++
顔・身体用

  • 紫外線散乱剤(酸化チタン)使用
  • 散乱剤はコーティング済
  • ノンナノ(ナノ粒子不使用)

スキンケア効果を持つ美容液タイプのノンケミカル日焼け止め。アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)やアーモンド油が、肌をしっとり柔らかくします。

白く残りにくく、透明感を感じる日焼け止め。石鹸で落せます。

テラクオーレ公式サイトでチェックする>>

⑤ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN

SPF50、PA+++
顔・身体用

  • 紫外線散乱剤(酸化チタン)使用
  • 散乱剤はコーティング済
  • 最終製品においてノンナノ(ナノ粒子不使用)

紫外線はもちろん、ブルーライト、近赤外線カット機能もついたノンケミカル日焼け止め。オーガニック植物成分を使用しています。

ホホバオイルやオリーブオイルを使用しているため、乾燥肌でも安心のしっとり感。ただしオイリー肌の人にはやや重めです。

SPF50ながら石鹸で落とせ、普段使いしやすい強力なノンケミカル日焼け止めです。

ナチュラグラッセ公式サイトでチェックする>>

その他、紫外線散乱剤(ノンケミカル)日焼け止め

その他、人気の高い紫外線散乱剤入り日焼け止めをピックアップしました。

散乱剤がコーティングされていないもの、ナノ粒子を使用したものも含まれます。

⑥ファンケル サンガード25デイリーUV

SPF25、PA+++
顔・身体用

  • 散乱剤コーティング済
  • ノンナノ(ナノ粒子使用

SPF25とかなり低い散乱剤入り日焼け止めで、真冬の日常使い用に購入しました。使用感は、、、乾燥肌の私が真冬に使うと乾いてしまいます。
全体的に悪くはないのですが、クレンジングが必要なのが、ちょっと面倒でした。

ファンケルサンガード25デイリーUVの口コミ>>

⑦ニベア花王 ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルド 

SPF50+、PA+++
顔・身体用

  • 散乱剤コーティング済
  • ノンナノ(ナノ粒子使用) ただし、最終的に他の成分との複合状態になるため、健康被害の心配はなし

顔、体に使えるノンアルコールの日焼け止めです。
ヒアルロン酸配合でお肌のうるおいを守ります。ベタつきのない使用感も魅力です。

⑧ノブ UVシールドEX 

SPF50+、PA++++
顔・身体用

  • 散乱剤コーティング済
  • ノンナノ(ナノ粒子使用

ウォータープルーフにもかかわらず、石鹸で落とせる日焼け止めです。
伸びが良く、白浮きや乾燥も防ぎます。

⑨アクセーヌ スーパーサンシールドEX

SPF50+、PA++++
顔用

  • 散乱剤コーティングしていない ただし、活性酸素は発生しないよう表面処理済み
  • ノンナノ(ナノ粒子使用

付け心地が良く肌に優しいUVベースです。
うるおいが続くためメイクの持ちもアップします。

*SPF50とSPF50+の違いについて
現在のSPF表示では、SPF50より高いものは一律SPF50+となっています。

紫外線吸収剤フリー(散乱剤入り)日焼け止めの仕組み

日焼け止めには紫外線吸収剤入りのものと、紫外線吸収剤フリー(紫外線散乱剤入り)のものがあります。

紫外線吸収剤が一度、自分の肌の中に紫外線を吸収し化学反応によって紫外線の影響を防ぐのに対し、紫外線散乱剤は紫外線を肌の表面で跳ね返すことによって紫外線をブロックします。

散乱剤は肌への吸収が無く、肌の表面をパウダー状の散乱剤が覆うことによって物理的に紫外線を跳ね返す仕組みなので、肌への負担が吸収剤の入りのものと比較して低くなります

紫外線散乱剤の主な成分としては、酸化チタンや酸化亜鉛などが挙げられます。

これらはミネラルファンデーションなどにも含まれる成分で、紫外線散乱剤として使用される成分のほとんどは天然成分です。

有機化合物が含まれておらず、「ノンケミカル」と表示されることが多いのも特徴です。

最近は吸収剤も散乱剤もデメリットが低くなりつつある

日焼け止めの研究がすすみ、紫外線散乱剤入り日焼け止めのデメリットである「白くなりやすい」「伸びがよくない」「肌が乾燥しやすい」という点を解消したものも販売されています。

おすすめにあげたヴァントルテやポーラ、HANAの日焼け止めも、一昔前の紫外線散乱剤配合の日焼け止めと比べると、信じられないほど使いやすくなっています。

また、肌への負担が大きいといわれる紫外線吸収剤入りの日焼け止めも、最近は肌への負担を少なく作られているものもあり、私自身、紫外線の強い季節には紫外線吸収剤入りの日焼け止めをよく使っています。

どうしても肌への負担が気になる、という事であれば紫外線吸収剤不使用の散乱剤配合のものをおすすめしますが、シーンに合わせて使い分けるのもおすすめです

紫外線散乱剤(ノンケミカル)を使った日焼け止めに戻る▲