30代女性に売れ筋の美白化粧水!使って良かったおすすめ品を紹介

SPONSORED LINK

30代、美白化粧水

30代と言うと、シミやくすみが気になり始めるお年ごろですよね。

ある日ふいに新しいシミを発見して、「このあいだまでは無かったのに…!」とショックを受けたことはありませんか?

でも現在40代の私から見ると、30代の肌って、きちんと手をかけてあげると、結果も早く出てくれるんです。

シミやくすみも出来やすいけれど、お手入れ次第では、早く取り戻すことも可能なのが30代。

全て実際に使ってきた美白化粧水だけご紹介していますので、自分にあった美白化粧水をみつけて、女性が最も美しい年代を素敵に過ごしてくださいね!

30代の美白化粧水選びのポイント

美白コスメにはさまざまな種類がありますが、30代女性には美白と同時に保湿ケアができる化粧品が向いています。

なぜなら、いくら優れた美白化粧品を使っても、カサカサに乾燥した肌には美白成分が十分に浸透していかないからです。

美白効果を高めるためには、まずターンオーバーがしっかり機能する潤い肌がベースにあることがとても重要。

すずらん
美白と一緒に保湿ケアをおこなっていくことで、化粧品に含まれる美白成分の効果を最大限に高めることができるのです。

年齢を重ねれば重ねるほど、肌の働きは徐々に鈍っていきます。衰えの現れ始める30代のスキンケアは今後の肌状態を大きく左右するため、30代のうちに本気の美白&保湿ケアに向き合うのが望ましいです。

40代に入ってから後悔することのないよう、美白化粧品はできるだけ慎重に選ぶようにしましょう。

30代女性におすすめの美白化粧水を紹介

ホワイトニング化粧液U/ファンケル

ファンケル、美白化粧水

通常、化粧品には防腐剤が含まれますよね? なぜなら開封後、防腐剤がないと化粧品が腐るからです。

しかし、この防腐剤が実は美白成分の浸透を妨げて、効果が出にくくなっている、という実験結果がファンケルで出ています。

そのため、ファンケルでは防腐剤無添加に。成分浸透を阻害しないので、防腐剤配合の化粧品よりも効果を発揮しやすいという大きなメリットがあります。

デメリットとしては、開封後は60日以内で使う必要があるという点ですが、美白効果や肌へのやさしさを考えたら、デメリットよりもメリットの方がはるかに大きいでしょう。

化粧水にふくまれる美白有効成分と美容成分の相乗効果で「メラニンの居座り化」を防ぎ、メラニンの生成を最初からブロックするという「ファンケル」の美白化粧水。

「メラノブライト」と「白ブドウ発酵エキス」の作用で肌の奥にたまった居座りメラニンをアタッし、さらにグレープフルーツエキスを組み合わせた独自発想成分の「アクティブビタミンC」によって透明感のある白い肌を目指します。

ファンケルの無添加化粧水は、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤がフリーとやさしい処方なので、肌の弱い人にも安心ですよ。

すずらん
ファンケルの工場見学へ訪れた時、案内してくれた女性スタッフさんの肌の美しかったこと...!30代女性かと思ったら50代、という方がいました。

ファンケルのトライアルセット

口コミ>>

フローラルドロップ/HANAオーガニック

HANAオーガニック,美白化粧水

国産オーガニックコスメの通販部門で売り上げ1位に輝いたのが、こちらの「HANAオーガニック」の化粧品。

「続けるほど潤いが自然に増して使用量が少なくなっていく」というHANAシリーズのコスメは、100%オーガニック処方。石油由来成分と化学合成成分はすべて不使用というこだわりぶりです。

「フローラルドロップ」はブルガリア産のダマスクローズ水を主成分とし、一本にバラの花びら3,000枚分のエッセンスが配合されているというナチュラル製法。

これに含まれる「ローズポリフェノール」が、シミ・くすみに働きかけて美白をうながします。さらに「バイオエコリア」、「ローズマリー」の成分が肌の疲労を取り除き、肌細胞の回復に力を添えます。

自然の植物の力を借りた「フローラルドロップ」は、オーガニックを好む人、成分に特にこだわりを持つ人にも納得のコスメでしょう。

すずらん
柔らかくてサラらサラな肌になる美白化粧水です。バラの花びら3000枚以上のエッセンスが入り、使うと幸せな気分になります♪

フローラルドロップのトライアルセット

口コミ>>

澄肌美白化粧水/コーセー

コーセー,美白化粧水

お米由来の保湿成分と発酵パワーで、まるでレフ版を当てているような「発光美肌」をコンセプトに作られたコーセーの澄肌美白シリーズ。

その中でもこちらの「澄肌美白化粧水」は、ALL About「MICO」の、「ベストコスメ2016」化粧水部門で、大賞を受賞したほどの人気と実力。

美白成分は「ビタミンC誘導体」。使い心地はみずみずしく、角質の奥まで有効成分が素早く浸透。肌をふっくらとやわらかい感触に仕上げます。

美白成分と一緒に、米発酵液、米ぬか酵素分解エキス、ハトムギ発酵液、乳酸Na、グリセリン、グリコシルトレハロースなどの多彩な保湿成分を取り込むことで、潤いに満ちた角層を作り、澄みきった透明感あふれる発酵美肌を目指すコスメ。

シミやくすみ、毛穴を改善して、透明感のある肌を目指す方にぴったりです。

すずらん
お米のパワーでふっくら感が出るからか、美白と伴に毛穴への評価も高いコスメです。

澄肌のトライアルセット

サエルホワイトニングローションクリアリスト/ディセンシア

サエル,美白化粧水

敏感肌の人専用の美白コスメ「サエル」。

ダメージを受けやすい肌を守ることを第一優先に、ポーラR&M研究所独自の処方で作られた、敏感肌専用の美白化粧品です。

敏感肌は紫外線の影響を受けやすいため、メラニンを過剰生成して色素沈着を起こしやすい傾向があります。そこでサエルは、美白だけでなく炎症や酸化を抑えることにも意識を向けました。

化粧水の「ホワイトニングローションクリアリスト」には、美白成分である「ビタミンC誘導体」の他に、炎症を抑える「グリチルリチン酸2K」や「コウキエキス」なども配合。

アレルギー肌や刺激に弱い肌のために美白を諦めていた人でも、敏感肌向けに作られたサエルシリーズなら安心して使えます。

すずらん
日焼け後のヒリヒリした肌にも使えるやさしさが魅力です。

サエルのトライアルセット

口コミ>>

ブライトエイジリフトホワイトローション/第一三共ヘルスケア

ブライトエイジ,美白化粧水

製薬会社の「第一三共ヘルスケア」が開発したエイジングケアに特化した「ブライドエイジリフトホワイトローション」。

この化粧水に含まれる有効成分は「トラネキサム酸」。トラネキサム酸とは、第一三共ヘルスケアが開発した成分で、抗炎症作用と美白作用を持っています。

このトラネキサム酸の働きによって年齢肌炎症による肌荒れを鎮め、同時に美白ケアをおこなっていきます。さらに、驚異の保水力を持つ保湿成分「グリセリルグルコシド液」によって肌を潤いで満たし、美白のベースを整えます。まさに、ハリ・美白・保湿のすべてを叶える万能化粧水と言えるでしょう。

乾燥・シミ・小じわなどの年齢肌の悩みには、美白とエイジングケアに効率的にアプローチできるこちらのブライトエイジシリーズが大変おすすめです。

ブライトエイジのトライアルセット

口コミ>>

Qusomeローション/ビーグレン

化粧水をつけたばかりなのに肌が突っ張ったり、基礎化粧品をしっかりつけているのに夕方になるとほうれい線や小じわが目立ったりしてくるのは、化粧水の保湿力不足では…?と考えたビーグレンは、17時間保湿効果が続く化粧水を作り出しました。

それが、持続型保湿の効果を兼ね備えた高機能化粧水「Qusomeローション」です。

肌の奥で17時間ものあいだ潤いがとどまり続けて肌に弾力をもたらし、後から使う美白コスメの効果を大きく引き上げます。

長時間うるおいが続くため、とくに乾燥の進んだ肌やエイジングケアの効果を高めたい人に最適な化粧水です。

ビーグレンのトライアルセット

口コミ>>

VCローション/プリモディーネ

高濃度ビタミンCを配合し、安心の無添加で作られた化粧水「VCローション」。

ビタミンC誘導体の中でも、このVCローションに配合されているのは「APPS」という、浸透性と即効性をあわせもつ最新型ビタミンC誘導体。美白への効果や、シワ、ハリ、毛穴トラブルの改善にも期待ができます。

APPSの浸透力は従来の約100倍とも言われており、このAPPSを含んだVCローションはまるで美容液のような贅沢な化粧水です。モデルや美容ブロガーも愛用している人気コスメで、雑誌等でも話題になっています。

プリモディーネのトライアル品

30代以降にシミやくすみが生じやすいのはなぜ?

美白を目指す女性にとって大敵なのが「シミ」や「くすみ」といった肌トラブル。とくに、顔の表面に浮き出る茶色いシミは本当に嫌ですよね。

これまでシミとは無縁だった人も、30才を過ぎるとどうしてもシミが現れやすくなってきます。その理由は、一般的に以下のようなことが考えられます。

@紫外線

紫外線は、シミの原因「メラニン色素」を作り出す元凶です。

メラニン色素は表皮のいちばん下の「メラノサイト」で作られますが、少量であれば新陳代謝によって排出されていくので、シミとして肌に残ることはありません。夏に少しくらい日焼けをしても、冬には白い肌に戻るのと同様です。

でも、紫外線の浴び過ぎでメラニン色素が大量に作られてしまうと、排出が追い付かずにメラニンが肌に留まってしまいます。

排出されずに残ったメラニンは年々蓄積されていくため、30代になって新陳代謝が衰えはじめると、シミとなって表面に浮き出てくるのです。

A肌のターンオーバーの乱れ

健康な肌は、適正な周期で新陳代謝がおこなわれています。これを肌の「ターンオーバー」といい、肌細胞が常に活発に働いて新しい細胞を作り出し、古い細胞を排除して肌の健康を保っています。

ところが、年齢を重ねるにつれてターンオーバーの周期は遅れがちになります。さらに、ちょっとした気温の変化や体調の良し悪しにも影響を受けやすくなり、肌細胞の活動に少しずつ支障が出てきます。

ターンオーバーが乱れると古い細胞がいつまでも排除されずに肌に残り、メラニン色素が排出されずに色素がそのまま沈着してしまうことに。

他にも、肌のざらつきやくすみが生じたり、ハリや透明感が失われたりといったことも起こりやすくなります。

このように、ターンオーバーの乱れは肌の健康を損ない、トラブルの生じやすい環境を作り出してしまうのです。

Bホルモンバランスの乱れ

更年期に差し掛かると、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなります。ホルモンバランスが乱れるとメラノサイトが活性化すると考えられており、メラニン色素が過剰に生成されることでシミができてしまいます。

ホルモンバランスの乱れが原因でできるシミは「かんぱん」と呼ばれ、頬のあたりに薄いシミが左右対称に現れるのが特徴。30〜50才くらいの年代の女性に多く見られるシミです。

C肌の保湿力の低下

潤いが保たれている肌というのは、しっとりとして弾力があるだけでなく、紫外線などの外敵から肌を守るパワーを持っています。これを肌の「バリア機能」といい、健康な肌には欠かせない働きです。

ところが、肌が乾燥するとこのバリア機能が正常に働かなくなってしまいます。そうなると、紫外線などから受ける害が肌の奥までダイレクトに届き、皮膚の深部にまで大きなダメージを与えてしまうことに。

また、肌が乾燥すると角質層が硬くなるため、ターンオーバーがスムーズに行かなくなります。その結果、メラニンが溜まってシミができやすくなるのです。

肌を健康な状態に保ち、シミのない白い肌を維持するためには、保湿は必要不可欠。シミやくすみだけでなく、あらゆる肌トラブルは保湿力の低下から引き起こされていると言っても過言ではありません。

まとめ

美白を目指す人がまず取りかかるべきは、肌の受け入れ態勢を整えること。つまり、ターンオーバーの回復です。

ターンオーバーが正常に行われている肌はみずみずしく、美白成分をしっかり取り込んで有効に働かせることができるのです。

ターンオーバーを正常化するために重要なのは「保湿」。

そのため、30代女性の美白には、「美白+保湿」のWケアができる化粧水を選ぶのがポイント。

今回ご紹介した化粧水には、それぞれ独自の特徴があります。ぜひご自分の肌に最適な化粧水を見つけていただければと思います!

30代女性に売れ筋の美白化粧水に戻る>>

SPONSORED LINK